爪の悩み

爪の悩み

にごり爪の体験談についてです。

爪の悩み記事一覧

私の父が水虫でしたが、なるべく同じタオルを使わないようにしたり足を綺麗に洗ったりしていたのでまさか自分が水虫になるとは思いませんでした。水虫っておじさんがかかるものだと思ってました。最初は爪に縦の線が入っただけだったので特に気にすることもなく放置してたのですが、しばらくすると爪の色が白や黄色になってきて爪がボロボロに汚くなり完全なるにごり爪の症状が出てしまい、これはいけないと思ってインターネットで...

にごり爪になってしまうと、何とか状態を治したいと考えますね。病院で治療する方法は確実になっていますが、時間がないと通うことができません(*_*;もっと簡単な方法でにごり爪を改善したいなら、cmで宣伝されている商品を試してみるのも手ですよ。市販されている商品の中には、にごり爪の奥まで浸透しやすい成分を使っているものもあるので、症状を改善することもできるんです。爪がくすんでいたり、浮いていたりしている...

靴下を履こうとした際に爪に縦筋ができている事に気付き、何かシミのようなものだと思っていたのですが、それはにごり爪の初期症状でした。気付いたら爪の状態が悪化しており、爪を切ろうとすると爪が割れるぐらいに、爪の耐久力が無くなっていたのが悲しいです。その爪を健康な状態に戻すために、私が試しに使わせてもらったのがクリアネイルショットで、爪の深いところまで成分が浸透するところが助かります。今まで使っていた爪...

二年くらい前ににごり爪になりました。最初は爪が白っぽくなり、周辺の皮膚から角質のようなものがポロポロ落ちていたくらいでしたが、放っておいたらだんだんと爪が黄色くなり、医者に行きました。そのときに教えてもらったお手入れの方法を書いておこうと思います。 白癬菌の感染していると、爪がもろく崩れやすくなります。特に爪の色が茶色く変色して欠けてくるような中度から重度の場合は、爪切りすらまともにできません。そ...

これまでにごり爪というのは、爪の痒みが気になって仕方が無くなる病気だと思い込んでいました。しかし実際には足の指に発症する水虫とは違い、痒みなどの自覚症状も少ないために、症状が悪化するまで爪の異変に気付きにくいです。私もにごり爪の特徴の一つの、爪の縦筋が大きくなるまで足の爪が病気にかかっている事に気付けませんでした。足の異変に気付いてからというもの、足を徹底的に綺麗に洗うように対処をしていましたが、...

最近すごく爪が硬くなってきて、普通の爪切りではなかなか爪が切れなくなりました。爪の色もかなり変色してきた気がするのでもしかしたらにごり爪かもと思うようになりました。このままではどんどんひどくなってしまうので困っていたら、弟がマウスウォッシュがにごり爪に効くというので、一度試してみることにしました。ボウルにリステリンを入れ、爪の部分を30分くいらい浸していました。おかげで効果は感じることができました...

一昨年の梅雨の時期に、にごり爪になりました。じめじめした季節に靴下を履いているのが嫌だったのですが、案の定水虫にかかってしまったのです。にごり爪はほとんど痛みや痒みがなく、最初は病気になっているという自覚はまったくありませんでした。 風呂に入り、爪先を洗っているときに、なんとなく爪が白っぽく濁っているような気がしました。また石けんをつけてタオルでこするのですが、ぼろぼろと角質のようなものが落ちてく...

水虫を完治させることは非常に難しいということは、経験者ならだれでも知っていることです。市販薬を患部に塗っても、最初は効いているようでも、やがて効き目が悪くなってしまうことが多いです。これは水虫が薬に対して耐性を持ってしまうからだと考えられます。さらに完治させるのが難しいのはにごり爪と呼ばれるものです。にごり爪というのは、爪の中に水虫菌が繁殖してしまうことで、爪が太く変形し、とてもかっこうの悪いもの...

むずむずとかゆい水虫、みなさん経験あるでしょうか。そしてさらに治りにくい水虫、にごり爪です。にごり爪は、足にできる水虫同様で、白癬菌に感染している状態で、それが爪の中まで感染しているということです。私は、毎年水虫に悩まされ、市販の薬を買っては塗り、見た目、治っているように思っては止める、を繰り返していました。あるとき親指の爪を見ると、少し変形しているように思い、「これはにごり爪だ」と思い、その時市...

長いこと足に水虫があって、病院に行くのも女性が水虫というのも恥ずかしいので中々行くことができず、手軽に市販の外用薬を買って塗っていました。初めは指の間の皮がむけたり、痒みがある程度だったのですが、徐々に踵や土踏まずなどにも水虫の感染が広がったようで、足全体に痒みを感じるようになったのです。市販の塗り薬を塗ると見た目はキレイになるので治っているのか思っていたのですが、結局治ることはなく徐々に広がって...

最初はボロボロと爪が簡単に剥がれやすくなっていくような異変がありました。爪が乾燥しているのかな?と気にせずに過ごしていたのですが、どんどん症状が悪くなり、爪の中が黒くなってきたのです。何かの情報で、爪の中が黒くなるのは皮膚癌の可能性があると知っていたので、急に怖くなり、急いで病院を受診しました。頭の中では「自分は癌かもしれない」という恐怖感でいっぱいだったので、医師からにごり爪だと言われた時は、良...

にごり爪に悩んでいて、自分なりにいろいろ対策をしてみたり、市販の薬を試してみたりしたのですが、いまいち効果を実感することができずにいました。そこで、インターネットでにごり爪について詳しい情報を持っている病院を見つけて、そこの病院に行ってみることにしました。担当の先生は20年以上にごり爪に関する研究をしていて、効果が高い外用薬、新薬にも理解があるでした。私の症状を確認すると、私の症状に合う薬を二つ処...

以前から足の裏や爪に違和感があって、かゆいと感じることも時々ありました。それで病院で調べてもらうとにごり爪だと分かって、治療を受ける事になりました。病院の治療は薬を使ったもので効果が高く、少しずつですが症状が改善しました。ただなぜにごり爪になったのか原因が分からず、その点は気になっていました。水虫になった原因が分かったのは、治療を続けてから一月ほどたった頃でした。治療をしていることを家族と話してい...

(宇都宮のにごり爪治療事情)にごり爪になった時、自身の他の部位への感染や周りの人にうつさない為にも、早目に病院へ行くことが大切です。宇都宮にはにごり爪治療を行う病院が多くあり、ネット上のサイトを利用するとにごり爪治療ができる病院が複数見つかります。また、宇都宮にあるにごり爪治療ができる病院を探すだけではなく、治療方法を絞り込んで検索することもできます。例えば、パルス療法を行う病院で絞り込んで検索す...

 にごり爪、一度発症するとなかなか治りづらい厄介な病気ですよね。爪が厚くなったり、黄色っぽく変色したり、放っておくと爪表面に筋ができて、やがてボロボロになってしまいます。たぶん、にごり爪になると、ある程度まで進めば、すぐにそれとわかる見た目になるので、異変に気付くと思います。ただ、仕事柄、多くの高齢者に接する筆者は、あまりに多くのお年寄りが、それが病気だということ、しかも人に感染するということを知...

1年前の夏に右足の爪がボロボロと剥がれ出し、何が起こったのか分からず慌てて病院へ行きました。診断結果はにごり爪で、塗り薬と飲み薬を処方され決められた期間しっかり飲むようにと言われました。薬は結構な量で本当にこんなに長期間服用して大丈夫なんだろうかと不安に感じるほどでした。1ヶ月ほど塗り薬と飲み薬を続けると、症状は落ち着き見た目には治ったように感じました。医者から全て飲み切るようにと言われていた飲み...

にごり爪が慢性化すると非常に治りにくく、クエン酸の足浴を使用しても完治しませんでした。クエン酸は殺菌作用があると言われますが、水虫専用のアイテムではありません。そこでにごり爪の専用アイテムであるクリアネイルショットを試すことにしたのです。これはにごり爪用の最新アイテムで、保湿力が非常に高いとのことでした。使用してみると爪が内部から保湿されて、生き返ったようになりました。爪というのはタンパク質ででき...

(にごり爪にうがい薬)うがい薬で有名なイソジンですが、殺菌作用があるという点を活かし、にごり爪対策に使用している人もいるようです。うがい薬は、消毒をする働きがありイソジンの場合、切り傷やすり傷、とびひ、おできなどの殺菌と消毒に効果が期待できます。それならにごり爪の原因、白癬菌にも効果が期待できそうですが、調べてみるとにごり爪には効果がありません。ただし、足の雑菌消毒だけを目的にするなら、消毒にはな...