完治させるには飲み薬が効果的

にごり爪を完治させるには飲み薬が効果的

水虫を完治させることは非常に難しいということは、経験者ならだれでも知っていることです。市販薬を患部に塗っても、最初は効いているようでも、やがて効き目が悪くなってしまうことが多いです。これは水虫が薬に対して耐性を持ってしまうからだと考えられます。

 

さらに完治させるのが難しいのはにごり爪と呼ばれるものです。にごり爪というのは、爪の中に水虫菌が繁殖してしまうことで、爪が太く変形し、とてもかっこうの悪いものです。またにごり爪になってしまうと、常に爪の中に水虫菌がいるので、足の裏の表面の水虫を治しても、すぐに爪からの菌によってぶり返してしまうことになります。

 

しかし、にごり爪は市販の薬を使っても無駄です。ほとんど効果はありません。にごり爪を完治させたければ、皮膚科からの飲み薬を処方してもらう必要があります。この飲み薬は爪は生えさせるもので、爪をどんどん伸ばして水虫菌を押し出すわけです。

 

この他にも皮膚科で処方される薬は市販薬よりも強いので効果があります。また、病院内でも光線を当てて治療するなど、自宅ではできない治療も合わせて行われることもあります。爪の中の薬は時間がかかりますが、確実に完治させることができるのであきらめないことが大切です。

 

 

にごり爪を早めに名医に見せて正解

爪は健康な状態が続いていましたが、スーパー銭湯に行ったときに共有のバスマットを使ったせいか、爪に異変が起きました。

 

温泉やスーパー銭湯に行くと、中には水虫の人もいるので、いつもは気を付けて足拭き用のタオルを持っていくのですが、急にスーパー銭湯に行きたくなり、他の人も使っているマットを使ってしまったのです。

 

スーパー銭湯は衛生に気を使って頻繁にマットを換えるので大丈夫だと思っていたのですが、しばらくしたら足の親指の爪が他の爪よりも白く濁ってきたのです。爪の表面がボロボロになってきたので、インターネットで症状を調べて画像などをチェックしました。これはにごり爪かもしれないと考え、病院でもらうことにしました。

 

近所の皮膚科は名医として有名で、遠方からも患者が来ます。いつも混んでいるのですが、時間がかかっても名医に診察してもらった方がいいと思い待ちました。皮膚科では、検査をすればすぐににごり爪かどうかわかります。

 

検査したところ、まだ初期の段階で処方薬をもらいました。処方薬を使ったところ、1週間くらいで爪の状態が良くなってきました。ただ、治ったように見えても完全には治っていないこともあるので、2か月くらいは使い続けるつもりです。