爪水虫は皮を剥くと良いのか

爪水虫は皮を剥くと良いのか

一昨年の梅雨の時期に、爪水虫になりました。じめじめした季節に靴下を履いているのが嫌だったのですが、案の定水虫にかかってしまったのです。爪水虫はほとんど痛みや痒みがなく、最初は病気になっているという自覚はまったくありませんでした。

 

 風呂に入り、爪先を洗っているときに、なんとなく爪が白っぽく濁っているような気がしました。また石けんをつけてタオルでこするのですが、ぼろぼろと角質のようなものが落ちてくるので、自分で積極的に皮を剥くようにしていました。しかし、これは良くなかったみたいです。

 

 徐々に爪が白から黄色に変色し、形がぼこぼことしてきて、爪とその周辺の皮膚が肥厚化していきました。爪切りでまともに切れなくなってから、ようやく皮膚科に行ったのです。診断は爪水虫と言われ、飲み薬と塗り薬を処方されました。

 

 毎日の手入れで気をつけることは、足の指を一本ずつ素手で丁寧に洗うことです。自分で皮を剥くのは、その場所からさらに菌が感染する可能性があるため、してはいけないそうです。また変色した爪は、小さな刺激でも、もろく欠けやすくなっているため、注意が必要と言われました。

 

 水虫の白癬菌は高温多湿を好みます。足はなるべく清潔に保ち、乾燥させておいた方が良いようです。

 

 

爪水虫のむずむず感にはクリアネイルショット

私は中学生の時から爪水虫に悩まされており、特に梅雨の時期には爪水虫がむずむずして困っていました。症状がひどくなったら水虫に強い皮膚科に行き治療をしていましたが、その場はよくなってもすぐに再発してしまい、結果的に痒いのを我慢する毎日が続いていました。

 

社会人一年生になった時に会社の同僚からクリアネイルショットが爪水虫に強いと聞き、使用してみる事にしました。使用して1週間はあまり効果を感じなかったのですが、2週間目に入ってから爪水虫のむずむず感がなくなってきました。

 

その後も2週間程度使用したら痒みすら全く感じなくなりました。痒みがなくなってからは再発する事なく快適な生活を過ごす事ができています。

 

クリアネイルショットは医療保険が適応とならない薬剤であるため、軽く一万円は必要だと考えていましたが、かはりリーズナブルな価格だったのでビックリするのと同時に、経済的にも助かりました。

 

最初は使用方法が分からない時もありましたが、インターネットの公式サイトにはカスタマーの連絡先が記載されており、そちらに連絡したら詳しく使用法を教えてもらい助かりました。また爪水虫で悩んだらこちらの薬剤を利用したいと考えています。