爪が割れるほど酷い爪水虫に苦しんでいました

爪が割れるほど酷い爪水虫に苦しんでいました

靴下を履こうとした際に爪に縦筋ができている事に気付き、何かシミのようなものだと思っていたのですが、それは爪水虫の初期症状でした。
気付いたら爪の状態が悪化しており、爪を切ろうとすると爪が割れるぐらいに、爪の耐久力が無くなっていたのが悲しいです。

 

その爪を健康な状態に戻すために、私が試しに使わせてもらったのがクリアネイルショットで、爪の深いところまで成分が浸透するところが助かります。

 

今まで使っていた爪のケア用品は、爪の表面だけ柔らかくする効果を持っていたものばかりで、爪を切るのが難しい状態は改善できませんでした。
しかしクリアネイルショットは、爪を全体的に柔らかくしてくれるおかげで、衝撃にも強い爪を作る事ができています。

 

爪を切っても爪が割れるような事も無く、自分が思ったような形に爪を切れるというだけで、幸せな気持ちにさせてもらえました。

 

クリアネイルショットはジェルを少量ずつ出す事ができるので、塗りたいと思った部分にだけ、ピンポイントで塗布できるところも良いと思えます。
足が蒸れやすい夏場などは特に重宝しており、爪水虫の原因菌が足元で繁殖していないか、不安にならずに仕事に集中できるようになりました。

 

 

爪水虫を放置したら爪取れた

自分のやってしまった大失敗談です。爪水虫にかかり、ずっとそのまま放置していたら、ひどく悪化してしまいました。その結果、親指の爪が変形してとうとう取れてしまったのです。そのときの話をしてみたいと思います。

 

 そもそも、自分はいつ爪水虫にかかっていたのかさえ気づきませんでした。なぜなら、普通の水虫のように、患部がじゅくじゅくしたり、かゆみや痛みを伴うこともないので、まったく気づくことがなかったのです。強いて言えば、爪の色が透明ではなく、白っぽく濁り、周辺の皮膚が鱗のように固くなっていたことでしょうか。でも、その程度のことで、いちいち病気を疑ったりはしませんでした。

 

 その後、爪の色が黄色く変色していきました。またそれ以上に爪がぶ厚くなり、普通の爪切りでは切ることができなくなってしまったのです。仕方が無くはさみのようなものを代用していましたが、おかしいな変だなと思い始めたのもこの頃です。

 

 思えば、その時点で医者に行けば良かったのです。しかし面倒くさがりの私は、とりあえず風呂に入って患部を洗うことには専念しましたが、薬もつけずに放置していました。

 

 徐々に爪は茶褐色に変化し、ものすごくもろくなってしまいました。そしてある日、靴下の中に違和感を感じたのですが、なんと「爪取れた」のです。黒い粒のようになってしまった爪が、靴下に入っていました。

 

 慌てて医者に行き、治療を始めましたが、取れてしまった爪は新しいのが生えてくるまでどうしようもありません。恥ずかしくて人前では、裸足になることもできず、つらい思いをしました。もう二度と爪水虫には感染したくないです。