個人輸入したクスリで治した

個人輸入したクスリで治した

1年前の夏に右足の爪がボロボロと剥がれ出し、何が起こったのか分からず慌てて病院へ行きました。
診断結果は爪水虫で、塗り薬と飲み薬を処方され決められた期間しっかり飲むようにと言われました。

 

薬は結構な量で本当にこんなに長期間服用して大丈夫なんだろうかと不安に感じるほどでした。
1ヶ月ほど塗り薬と飲み薬を続けると、症状は落ち着き見た目には治ったように感じました。

 

医者から全て飲み切るようにと言われていた飲み薬ですが、思っていたよりも早く治ったのでやっぱり出し過ぎだったのではと判断し飲むのをやめました。
しばらくは足の爪はきれいな状態を保っていましたが、翌年の夏にまた爪水虫の症状が現れたのです。

 

調べてみると爪水虫の菌は目に見えた症状がなくても残っていて、しっかり菌を殺さなければまた再発するということでした。
医者の言うことを聞いておけばよかったと後悔し、のこのこと病院へ行くのは躊躇われたので自分で何とか出来ないかとネットで探したところ、病院で処方される薬と同じものを個人輸入出来るサイトを見付けました。

 

使っていた薬と同じ成分だったので大丈夫だろうと購入し、指定された期間服用した結果3年経った現在も再発はありません。
爪水虫のしつこさに苦労した敬虔でした。

 

 

札幌市内の鍼灸院で爪水虫を治しました

去年の冬初めて爪水虫になりました。最初は恥ずかしくてどうしようと思いましたが主人にも促され札幌市内の皮膚科へ、先生いわく特に冬はブーツなどで蒸れやすいから最近は女性も爪水虫になることが多いんですよとのことで少しだけ気が楽に。塗り薬と飲み薬(ラシミールというお薬で、これは通常の水虫では処方されないそう。爪水虫の場合塗り薬だけでは足りないのだとか)を処方してもらい、およそ三ヶ月程通院しましたがなかなかよくならず・・・。

 

家族の誰にもうつらなかったのが不幸中の幸いでしたが、段々黒ずんでいく爪を見て毎日が憂鬱でした。

 

その後恥を忍んで実母にこのことを相談してみると「当たり前でしょ!水虫に効く薬なんてないんだよ!」となぜか叱られ、勧められるがまま実父母がお世話になっている鍼灸院に通うことに。

 

30代前半くらいの若い先生だったので少し恥ずかしかったですがとても優しく親身に話を聞いてくれる素敵な先生でした。夏までにサンダルが履けるようにしたいと話すとさすがに難しいですねと苦笑されてしまいましたが、足繁く通ってお灸を据えられること約半年、家の掃除も今まで以上に頑張ってなんとか完治しました。

 

ヒールにストッキングを履かなければいけないお仕事をされている方の場合はもう少し時間がかかるかもしれませんが、恥ずかしからず受診するの大事ですよ!

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら