私の爪水虫体験談ブログ 〜適切な治療法とは〜

私の爪水虫体験談と適切な治療法

 夏ももう終わりを告げようとしている中、学生時代の私は爪水虫にとても悩まされていました。当時運動部に所属していた私は、毎日同じ靴を履いたまま、練習していたので、とても爪水虫に悩まされていました。

 

なんといっても爪水虫で一番困ることは、あの患部から漂う悪臭ですよね。足が臭くなるだけでなく、入浴後なのに爪を切った時に足を臭いと感じた時の絶望感はたまりませんよね。それらが引き金となって、私は本格的に爪水虫の治療法を本格的に探し始めました。

 

いろいろな塗り薬や、粉薬をぬりましたが、どれも効果がなく、半ばあきらめかけていたときに取り組んだ治療法が、乾燥療法でした。そもそも爪水虫は足に汗をかきやすい人がかかりやすい病気だといわれています。高温多湿な環境下で、水虫菌が爪になかで大量に繁殖するのです。

 

それゆえ乾燥療法はとても理にかなった療法であったと思います。私は部活時間にはそうしてもシューズを履いて高温多湿な環境に足をさらさないといけなかったので、部活時間外に足を乾燥させてあげるように頑張りました。

 

具体的には、指靴下(指先が五本に分かれている靴下)と、裸足でサンダルを履くことが非常に有効でした。普通の靴下では、指と指の間が蒸れるので、それを防ぐことができます。また、もし靴を履かなくてもいい場合は、サンダルにすることで通気性が上がり、足を乾燥させてあげることができます。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫を塗り薬で治しました

今から3年ほど前に、私は爪水虫を発症してしまいました。初めはまさか爪水虫だとは思っていませんでしたが、どんどん足の爪が白く濁っていき、これはおかしいと思い始めました。白く濁るだけではなく、ごわごわとした見た目になってしまい、恥ずかしくて人の前で素足になることができませんでした。

 

その時は夏の暑い季節だったのですが、爪を見られたくなかったのでサンダルを履くことができませんでした。最も困ってしまったのは、友人同士で夏祭りに浴衣を着て行こうという話が出た時でした。一緒に行きたかったのですが、浴衣になるには草履を履かなければならず、爪を見せることがどうしても嫌で参加することができませんでした。

 

病院へ行った方が良いとは思いながらも、恥ずかしいという気持ちの方が強くて、何とか市販の薬で治せないかと考えいた時に目にしたのが、ジェル状の塗り薬でした。私と同じように爪水虫で悩んでいる人たちの口コミを見ると、きれいに完治したという高い評価の口コミが目立っていました。

 

私も使ってみたところ、3ヶ月ほどで完治させることができました。以前のようなきれいな爪に戻ることができて、今は自信を持ってサンダルを履くことができます。

 

 

⇒【PR】爪水虫のジェル クリアネイルショットについて知りたい方はこちら

 

 

 

爪水虫を自分で治すためにチャレンジした方法

市販の薬を使ったりして爪水虫が治ったと思っていても再発したりで、なかなか治すことが出来ずにいました。
病院でもらう薬の場合でも同じで、治っても再発がありました。

 

薬での治療後一時期落ち着いていたのですが、最近また再発したので自分で治す方法としてはかなり強力と思われる、漂白剤を使った方法を試してみました。
毎日お風呂に入った時に、洗面器に水をいれ漂白剤をキャップで2〜3杯入れます。
その漂白剤に数分間足を浸します。

 

直接漂白剤をスプレーする方法もあるようですが、結構しみるので私は漂白剤を薄めた液に足を浸すようにしています。
この方法をおよそ、3週間ほど続けた結果爪水虫はすっかり治り、きれいな爪になりました。
治った後は、再発しないように体の免疫力を高める食事に努めました。

 

食事では、ニンニクを使った料理を増やしたり、バナナを食べたりしました。バナナは表面に黒い斑点(シュガースポット)が現れたときに食べると、体の免疫力を一番高めてくれるそうなので、買ってからしばらく置いて食べるようにしていました。

 

このように漂白剤での治療方法と、体の免疫力を高める方法で爪水虫もすっかり治り、今のところ再発することもなく順調です。

 

 

爪水虫の治療に市販の薬を使いました

少し前から足の爪の付け根が白っぽくなって、どうやら爪水虫になったようでした。それで病院に行って、治療することも考えたのですが時間がかかりそうでした。
爪水虫なら良い市販の薬がありそうだったので、ドラッグストアで探しました。

 

探してみると爪水虫に効く製品があって、説明を見ると十分効果がありそうでした。
それで市販の薬を買って使ってみましたが、特に最初の頃は変化はありませんでした。薬自体も刺激の少ないものだったので、どの程度効いているのかよくわからなかったです。

 

ただ使っていると少しずつ爪の根元がピンク色になって、良い状態に戻せました。

 

薬を使う前は爪の根元が白くなって、それが周囲に広がっていました。それが薬を使うと段々小さくなって、最終的にはほとんど見えなくなりました。
水虫の治療は簡単にはできないと聞いていて、もっと時間がかかると考えていました。

 

しかし市販の製品でも良いものを使うと、短期間で治せるのだと分かって感心しました。今回の症状は早めに気づいたのであっさり治せましたが、気づけなかったら大変でした。

 

購入した商品の効果が高かったのもよく、運良く爪水虫を治せました。治療にかかった費用も安くすんだので、上手く行ってよかったです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫で処方されるイトリゾールの効果や副作用について

(イトリゾールとは)

 

爪水虫で病院へ行って処方されるイトリゾールは、抗真菌効果がある飲み薬です。

 

爪水虫は硬い爪がある為、外用薬による効果よりも身体の中からアプローチできる内服薬の方が改善効果が期待できるので、優先的にイトリゾールなどの内服薬が使用されます。

 

イトリゾールを服用すると、服用後も爪に薬剤成分が長期間残る為、効果的な爪水虫対策が可能です。

 

イトリゾールの服用方法は、一般的にパルス療法という方法が用いられますが、パルス療法とは短期大量間欠療法のことで、その名の通り短期間に服用を集中させます。

 

具体的には、1週間服用を継続して3週間服用を休む、というパターンを3回繰り返します。

 

イトリゾールのパルス療法は、服用期間の短縮や爪に高い濃度の薬剤を残せるなどのメリットがあります。

 

イトリゾールに限らず爪水虫治療で処方される飲み薬は、高い効果が期待できる反面、注意すべき点が複数あります。

 

(イトリゾールの副作用や注意点)

 

イトリゾールを服用した場合、副作用として症例があるのは、胃の不快感や
吐き気を伴う嘔吐、腹痛、下痢、かゆみ、発疹、光に対する敏感反応、肝機能の低下などがあります。

 

イトリゾールや爪水虫に処方される内服薬を服用している間は、定期的に血液検査が行われます。

 

また、イトリゾールとの併用を避ける薬は、高血圧薬や偏頭痛薬、睡眠薬、抗不整脈薬、抗精神病薬、抗凝固薬など複数あります。

 

肝機能や血液に疾患がある場合や、高齢で複数の薬を服用している人なども使用できません。

 

更に、退治に与える影響がある為、妊婦の人へも使用ができないので、妊活中や妊娠を検討している女性は、使用を見送るなどの注意が必要です。

 

(イトリゾールや飲み薬による爪水虫治療ができない場合は?)

 

内服薬による治療ができない場合は、外用薬による治療法が選択されます。

 

爪水虫で病院へ行くと一般的に1年程度の通院が必要となり、個人差がありますが2万円から4万円位の費用がかかります。

 

通院する時間が無い人や、飲み薬が使用できない人の場合、病院に行かないで自宅で対処するという選択もあります。

 

爪水虫に効果が期待できる薬やケア商品は、薬局やドラッグストアなどでは販売されていませんが、通販サイトなら販売しています。

 

中でも、クリアネイルショットやエフゲン、D.rG’sクリアネイルなどが人気の爪水虫ケア商品で、1番話題になっているのが爪への浸透性が高いクリアネイルショットです。

 

自分で爪水虫の対処をする場合、このような通販にある商品を使用するのもおすすめです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

更新履歴